公開日: |最終更新日:

リピーティングとは?

リピーティングは、英語の音声を聞き、その音声と同じように復唱をしていく方法。英語音声を1文ずつ停止しながら、リピートをしていきます。短い文章から始められるため、英語初心者でも取り組みやすいでしょう。こちらの記事では、リピーティングの方法やメリット・デメリットについてまとめています。

リピーティングのやり方

英語音声全体を聞いてみる

初めに英語音声を流し、全体を聞いてみましょう。この時、スクリプトは見ないのがポイントです。どのような話の流れなのか、どのような音のリズムがあるのか、さらにどのような話の意味なのかといったことを考えていきます。音も意味も全くわからない、という場合にはスクリプトを目で追いながら音声を聞いていきましょう。

リピーティングを行う

ここからリピーティングの練習をします。1文ずつ音声を止め、聞こえた通りに発話する、ということを音声の最後まで行います。もし、1文ずつのリピーティングが難しいと感じる場合には、コンマのあるところや接続詞など、意味上区切りを入れられるところで止めながら発話します。

つまづいたところを確認・修正

次に、スクリプトを確認し、リピーティングを行った時につまづいたところ、言えなかったところなどを確認します。必要に応じて、つまづいた部分の音声を流し、スクリプトを見ながら音読します。

再度リピーティングを行う

最後に、改めて1つの文ごとに音声を止めながらリピーティングを行っていきます。ここでもつまづく部分があれば、都度スクリプトを確認しながら修正を行い、リピーティングを繰り返しましょう。

リピーティングのメリット

リスニング力を上げられる

リスニング力を上げるためには、「弱形」「脱落」「連結」「同化」という英語の音声変化を理解する必要があります。じっくりと音声を聞きながら学習できるリピーティングは、これらの音声変化を学ぶことができるため、リスニング力が上がるという特徴があります。

英語のイントネーションに慣れられる

リピーティングでたくさんの音声をじっくりと聞き、同じように発話することによって英語特有の強弱に慣れていきます。この英語のイントネーションに慣れることができれば、相手に伝わりやすい英語を身につけられると考えられます。

短期記憶が鍛えられる

リピーティングは音声を聞き、自分の声に出すまでにしっかりと記憶するという流れになります。この流れを繰り返すことにより、短期記憶のトレーニングを行えます。

リピーティングのデメリット

間違ったまま覚えてしまう可能性も

リピーティングで音声を正しく再現できない場合、スクリプトを見て修正できれば良いのですが、間違いを修正できなかった場合に間違ったまま覚えてしまうという可能性もあります。正しく発音できているのかをしっかりと確認することが大切です。

学習効果を感じにくいことも

英会話を学ぶ上では、アウトプットによって学習効果を感じやすいという面があります。基本的にリピーティングは一人で行うため、上達したと感じにくい場合があるかもしれません。そのため、意識的にアウトプットをできる場を作ることを考えてみても良いでしょう。

自分に合った勉強方法を見つけることが大切

こちらのページでは、リピーティングについてご紹介してきました。さまざまな英会話学習方法がありますので、自分に合った方法を見つけることは非常に大切。例えば、講師と一緒に学べるオンライン英会話や英会話教室も効果的な英会話の勉強方法といえますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連ページ